読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらす1ネタ

あなたの普段の情報にプラス1ネタ!会社や学校などでの話のプラス1ネタを随時発信しています

土用の丑の日にうなぎを食べるようになった起源とは!?「う」のつく食べ物なら何でも大丈夫!?

ライフスタイル

 

f:id:sinberu:20170221223119p:plain

「土用の丑の日」っていう言葉、

聞いたことありますか?

 

深い意味は知らなくても

「うなぎを食べる日」と覚えている人も多いのでは。

 

真夏のギラギラした太陽を浴びて歩いていて、

ふと匂ってくるうなぎを焼くあの香り。

 

とたんに食欲が出てきそうですね。

 

でも、そもそも「土用の丑の日」とは何?

どうしてうなぎを食べるのかしら?

 

うなぎ以外にも食べた方がいいものって?

 

今回はそんな疑問にお答えしてみますね。

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

うなぎを食べる起源は?

 

f:id:sinberu:20170221223202p:plain

http://img01.eshizuoka.jp/usr/

 

まず簡単に「土用」の説明をしてみます。

 

私たちがいま使っている太陽暦は

1年を12か月に分けるものですね。

 

これは太陽を基にして作られた暦ですが、

それ以外に太陰暦と言って、

さらに細かく季節を区切った暦があります。

つまり24節気と呼ばれている、いわゆる旧暦ですね。

 

土用とはこの24節気の中の呼び名です。

立秋の前の18日間を夏土用と呼び

その18の中の12にあたる日が丑です。

 

まあ細かいことはともかくとして、

1年で最も暑い時期であることは間違いありません。

 

諸説あるのですが、

その丑の日にうなぎを食べるようになったのは

江戸時代文政の頃の平賀源内さんのお蔭だということ。

 

うなぎというのは、じつは冬場に頂くものなんですよ。

夏場のうなぎは冬に比べると栄養分が少ないのです。

 

それで困ったうなぎ屋さんが平賀先生に相談したところ

それじゃっというので先生、

「本日は丑の日なり」とかなんとか張り紙に書いて

お店の入口に貼りだしたんですね。

 

丑の日とうなぎがどう関係するのか分からないまま

江戸っ子たちが集まってきて大繁盛

 

それ以来、江戸中のうなぎ屋さんもまねをしたとか。

それが今日にも伝わっているというのが定説です。

 

好奇心を刺激した素晴らしいアイデアですね!

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

スポンサードリンク
 

 

「う」のつく食べ物なら何でもOK!?

 

f:id:sinberu:20170221223359p:plain

 

 

参照元:https://scontent.cdninstagram.com/

 

とはいえ、そこには何か

民衆を刺激する下地があったのではないでしょうか?

 

うなぎに限らず、

「う」のつく食べ物が夏場に好まれたのでは?

 

うだるような真夏の日には食欲も減退気味

冷たくて、消化のいいものが食べたくなりますね。

 

おにぎりに入れてご飯を長持ちさせる

あの梅干しも、やはり「う」のつく代表的なもの

 

また、スルスルと消化に良く食べやすいものに

うどんがあります。これも「う」ですね。

 

さらにさらに、ウリ科の野菜は夏場にいいのです。

キューリ、スイカ、カボチャ、冬瓜など

すべてウリ科ですが、これらの野菜は体を冷やします。

 

自然というのは偉大だな、と思うのは

こういう野菜に接した時です。

自然に生かされている私たちは

そうした思いやりのある食べ物を戴くことによって

環境と調和しながら共存しているんです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今年の夏は「う」のつく食べ物で

元気に乗り切っていきましょうね。

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

スポンサードリンク