読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらす1ネタ

あなたの普段の情報にプラス1ネタ!会社や学校などでの話のプラス1ネタを随時発信しています

へぎそばにからし!?実は最適な薬味?うどんと蕎麦の栄養価を比較してみると??

ライフスタイル

f:id:sinberu:20161231192223p:plain

へぎそばとは、新潟県でポピュラーなご当地蕎麦の名前です!

 

なんと、そのへぎそばの薬味はからしなんだそうです。

今回は、その理由についてや、うどんと蕎麦の栄養価について調べてみました!

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

へぎそばにはからしってどういう事!?

 

f:id:sinberu:20161231192249p:plain

 

まず「へぎそば」について詳しく説明します。

 

へぎ(片木)と呼ばれる器に載せて食されることからこの名がつきました。

 

へぎを使えばすべてへぎそばではないのか?

と思われるかもしれませんが、

へぎは「剥ぎ」を語源とし、剥ぎ板で作った四角い器のことをいいます。

 

この器に冷やしたそばを、1口程度に丸めて盛りつけます。

 

これを手繰りというのですが、

へぎと呼ばれる器に手繰りにされたそばを乗せたものを「へぎそば」といいます。

 

この手繰りにするには、通常のそばでは難しく、

布海苔(ふのり)をつなぎに使ったコシの強いそばでないとうまく手繰りにできないといわれています。

 

布海苔とは2月から4月にかけてが採取期で、

寒い時のものほど風味が良いといわれている海藻です。

 

なぜ布海苔をつなぎに使うのかというと、

つなぎに使うことによって、独特の喉ごしと、食感を出すことができるためだそうです。

 

そして!薬味には、なぜからしなのでしょうか?

 

元々へぎそばが発祥した魚沼地方はわさびがとれる場所がなく、

代わりにからしを使うようになったんだとか。

 

その風習がずっと残っていたのですね!

また、海藻つなぎのそばにはカラシの風味がピッタリだという理由もあるようです!

 

小千谷市や十日町市のそば店では、

薬味が「からし」のみ・「山葵」のみ・「両方から選択可能」というように店により

異なっているようです。

 

薬味にきんぴらを出す店や、

カラシ菜から自家で作っているお店もあるそうですよ。

 

食べた方からの感想によると、

「からし」がへぎそばに絶妙に合って美味!

 

箸先でつまんで、そばに乗せ、つゆに溶け込まないように、

豪快に食べるのがおすすめ!

 

丸めてあるため、普通のそばより乾きにくいので酒の肴にもぴったり!

 

だそうです!

 

なんだか、とっても美味しそうですね!!

 

お蕎麦の香りとからしの香り、どちらも楽しむことができそうです!

 

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

スポンサードリンク
 

 

蕎麦とうどんはどっちが栄養価は高いの??

 

 

f:id:sinberu:20161231192346p:plain

 

ふと、疑問に思ったことはないでしょうか。

 

どちらが栄養価が高いのかというと、

「蕎麦」のほうが栄養があるのです。

 

○ビタミンB1、B2が豊富で、疲労回復効果あり!

 

蕎麦にはビタミンAやビタミンCが含まれていないのですが、

その代わりにビタミンB1、B2が豊富に含まれています。

 

 

ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれ、

糖分やでんぷんなどの糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在です。

 

そのためビタミンB1が不足すると、

体力の低下・イライラ・食欲不振の原因になってしまいます。

 

ビタミンB2には、たんぱく質・脂質・糖質などの代謝に関係する酵素を助けるはたらきがあります。

 

栄養素の代謝を助け、成長や発育を促すのがビタミンB2です。

皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、

成長と生殖を助けるはたらきを持っています。

 

○良質なたんぱく質が豊富!

 

蕎麦には植物性たんぱく質が多く含まれています。

 

精白米やうどんと比較しても断然豊富で、

なによりたんぱく質を構成しているアミノ酸のバランスがいいです。

 

通常、小麦などの植物性たんぱく質はアミノ酸スコアが低いと言われているのですが、

蕎麦は他の穀類と比較してアミノ酸スコアが高いのです。

 

特に、発育に大切な必須アミノ酸である「リジン」が、

蕎麦には多く含まれています。

 

アミノ酸が不足すると、体の疲れや体力の衰え、脂肪蓄積などを招くことになります。

 

他にも、蕎麦に含まれる「コリン」は腎臓・肝臓のサポートをしてくれます。

 

お酒が好きな方は、締めのラーメンではなく、蕎麦がいいのかもしれません(笑)

 

 

また、蕎麦が体にいいと言われる理由のひとつが、

蕎麦に含まれる「ルチン」の効果です。

 

ルチンはポリフェノールの一種であり、

赤ワインやカカオ・お茶に含まれるポリフェノールと同様に、

活性酸素を除去する酸化防止作用があります。

 

さらにルチンは、毛細血管を強くしたり、血圧を下げる効果も認められているのです。

 

ルチンは水に溶けやすいため、そばのゆで汁も捨てずに利用するといいそうです!

 

ルチンが豊富に含まれていることで、

最近、見直されつつあるのが「だったんそば(韃靼そば)」です。

 

日本では別名「にがそば」と言われている、独特の苦味や渋みがある蕎麦です。

日本ではほとんど栽培されていません。

 

ルチンの量は日照量と関係しており、

標高の高い地域で栽培されるだったんそばには、普通の蕎麦よりもかなり多くのルチンが含まれているそうです。

 

蕎麦をより効果的に栄養を摂取するためには、

ビタミンCを含んでいる、わかめや卵などがおすすめです。

 

カロリーも控えめで栄養もしっかりとれます。

 

蕎麦のほうが、栄養価が高いことがわかりましたが、

意外なことに、低カロリーなのはうどんです。

 

もともとの「粉」の状態では、

蕎麦もうどんもそれほどカロリーに違いはないのですが、

うどんの方が水分の含有量が多いため、ゆであがりの重量に対して粉の量が少なくなり、

結果的にうどんの方がカロリーが低くなるのです。

 

単純に低カロリーを求めるならば、うどんということになります。

 

そして消化の面でもうどんのほうがいいです。

 

蕎麦はうどんよりも食物繊維が多く、

胃の中にいる時間が長いため、消化の面では劣るのです。

 

風邪をひいたときなど胃腸が弱っているときにはうどんをおすすめします!

 

脂肪の多いお肉やお魚、揚げ物などのトッピングは逆に消化を悪くするので、

卵をいれて卵とじにするなど工夫すると栄養も摂ることができます。

 

キノコ・海藻・根菜類など食物繊維の多い食品は、

消化に時間がかかるため、胃の負担が大きくなってしまいます。

 

 

まとめ

 

へぎそばは、薬味がからしのご当地蕎麦なのですね。

新潟にいった際にはぜひ食べてみたいものです。

 

蕎麦もうどんもそれぞれの魅力がありますね!

いろいろなアレンジをしながら、楽しみたいです。

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

スポンサードリンク