読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらす1ネタ

あなたの普段の情報にプラス1ネタ!会社や学校などでの話のプラス1ネタを随時発信しています

本波幸一の経歴や結婚は!?なぜイトウは幻の魚なの!?

f:id:sinberu:20161218183906p:plain

毎回、各界の第一線で活躍する人物に密着するTBS系人気ドキュメンタリー番組『情熱大陸』ですが、2016年12月18日(日)の放送で取り上げられる人物は、トラウトフィッシングの世界で「最強の釣り士」と呼ばれている本波幸一さんという方です。

 

「トラウト」とは、マスのことを言うことから、「トラウトフィッシング」とは、ヤマメやイワナ、ニジマス、サクラマスなどのサケ科の魚を獲物とする釣りのことです。

 

普通は「釣り師」という言い方をしますが、本波幸一さんの場合は、「釣り士」と「師」を「士」と言い換えているところが、みそのようです。

 

本波幸一さんは、自らを「侍」の魂を持つ「釣り士」と名乗っていることから、「最強の釣り士」と呼ばれるようになったと思われます。

 

本波幸一さんは、トラウトフィッシング界では、カリスマ的存在らしく、本波幸一さんは、釣りの道具まで自作しているというこだわりぶりです。

 

さらに、本波幸一さんは、その自作した釣り竿やルアーを「本波スピリット」というブランド名で販売しており、大変人気が高く、世界中から注文があり、常に品薄の状態にあるようです。

 

本波幸一さんは、この収入を糧に生活しているそうです。

 

この記事では、本波幸一さんについて、

 

本波幸一のプロフィール

 

本波幸一は結婚している!?

 

「イトウ」が幻の魚と呼ばれる理由は!?

 

の話題をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

本波幸一のプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20161218183921p:plain

出典:http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/the_fishing/lineup/1197648_1588.html

 

本波幸一さんは、1959年生まれの現在57歳で、岩手県出身、水産高校を卒業後、国鉄に入社しましたが、44歳のときに退社して、現在は、「侍」の魂を持つ「釣り士」として活躍しています。

 

本波幸一さんは、なぜ、現在のような釣り士として活動するようになったのでしょうか。

 

それは、本波幸一さんの子供の頃に遡ります。

 

本波幸一さんの父は漁師をしており、そのため、海の目の前に住んでおり、自宅の横に川が流れていたことから、幼い頃の本波幸一さんは、釣りにハマってしまい、夢中になっていたそうです。

 

そして、本波幸一さんは、国鉄に約26年間務めていましたが、休みの日は、釣りに明け暮れていたそうです。

 

その結果、本波幸一さんが44歳の時に、脱サラし、「釣り士」として、釣りに専念することになります。

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

本波幸一は結婚している!?

 

本波幸一さんは、現在57歳ですから、結婚して、子供がいて、孫がいてもおかしくない年齢ですよね。

 

そこで、実際は、どうなのかを調べてみたのですが、本波幸一さんは、家族のことについては、まったく公表しておらず、独身なのか、結婚しているのかどうか、わかりませんでした。

 

ここまで、公表していないとなると、独身の可能性が高いんじゃないかと思われます。

 

ですから、本波幸一さんは、家族について非公表としているわけではなく、家族がいないから、ただ独身ということを発言していないだけということかもしれません。

 

本波幸一さんは、趣味が高じて、仕事にしている方ですから、家族を顧みず、釣りに没頭してしまうかもしれません。

 

そのことを、本波幸一さん自身もわかっているから、あえて結婚していないのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

 

「イトウ」が幻の魚と呼ばれる理由は!?

 

 

f:id:sinberu:20161218183937p:plain

出典:http://ameblo.jp/led-maiden/entry-12128439695.html

 

2016年12月18日(日)の『情熱大陸』で、本波幸一さんが狙っているのは、「幻の魚」と呼ばれる「イトウ」という魚です。

 

なぜ「イトウ」が「幻の魚」と呼ばれるのかというと、環境省により絶滅危惧種に指定されており、現在では、北海道の一部の地域にしか生息していないからだそうです。

 

ですから、「イトウ」を釣るのは、大変難しいことなんです。

 

しかし、本波幸一さんは、過去に112cmものイトウを釣り上げたことがあるそうなんですが、今回狙っているのは、150cmもの大きさのイトウです。

 

『情熱大陸』では、イトウの生息地・北海道で、約1か月間にわたる本波幸一さんとイトウとの格闘に密着しているそうです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、本波幸一さんの

 

本波幸一のプロフィール

 

本波幸一は結婚している!?

 

「イトウ」が幻の魚と呼ばれる理由は!?

 

についての話題をご紹介しました。

 

普段釣りをしない人にとっては、なかなかわかりにくいかもしれませんが、本波幸一さんという方は、トラウトフィッシング界では、知る人ぞ知る人物です。

 

ましてや、本波幸一さんが獲物として狙っている魚は、「幻の魚」と呼ばれる「イトウ」です。

 

そんな150cmもの魚を釣り上げたときの喜びはひとしおですよね。

 

本波幸一さんが、150cmものイトウを釣り上げることを祈って、2016年12月18日(日)の『情熱大陸』を楽しみにして、観たいですね。

 

本波幸一さんには、今後益々のご活躍を期待しています。

スポンサードリンク