読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらす1ネタ

あなたの普段の情報にプラス1ネタ!会社や学校などでの話のプラス1ネタを随時発信しています

古舘伊知郎の報道ステーションが嫌いで降板?それとも離婚が原因?実況から生まれた名言とは??

f:id:sinberu:20161212181106p:plain

古館伊知郎さんといえば、久米宏(くめひろし)さんがメインキャスターを務めたテレビ朝日系報道番組『ニュースステーション』の後継番組として、2004年4月から始まった『報道ステーション』のメインキャスターを務めていましたが、2016年3月いっぱいで、降板しました。

 

12年もの長い期間、『報道ステーション』のメインキャスターをしていましたから、古館伊知郎さん=『報道ステーション』というイメージが強かったと思います。

 

古館伊知郎(ふるたちいちろう)さんは、1954年12月7日生まれの現在61歳で、東京都北区出身、血液型AB型、北区立滝野川第二小学校、千代田区立今川中学校(現・千代田区立神田一橋中学校)、立教高校(現・立教新座高校)、立教大学経済学部経営学科を卒業した、古館プロジェクト所属の元テレビ朝日アナウンサーで、フリーアナウンサーです。

 

正直言って、私は、『報道ステーション』のメインキャスターとしての古館伊知郎さんは、あまり好きではありませんでした。

 

なぜかというと、古館伊知郎さんには、キャスターよりも、自らの能力を発揮する場所があったからです。

 

そういう部分も含めて、この記事では、古館伊知郎さんについて、

 

古舘伊知郎の番組降板は離婚が原因??

 

実況で皆が知ってる名言は古舘伊知郎が言っていた!?

 

の話題をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

古舘伊知郎の番組降板は離婚が原因??

 

 

f:id:sinberu:20161212181143p:plain

出典:http://www.tomtom818.xyz/article/438585440.html

 

古館伊知郎さんが、『報道ステーション』のメインキャスターを降板することを発表したのは、2015年12月24日のことでしたが、その日に行われた記者会見では、なぜ辞めたいと思ったのか、その理由が焦点となりました。

 

しかし、古館伊知郎さんから、その説明はなく、さまざまな説が取り沙汰され、ギャラが高すぎたためなどの理由が挙げられましたが、テレビ朝日から降板させられたわけではなく、古館伊知郎さんから、辞めたいという申し出をしたことは確かなようです。

 

そこで、浮上したのが、古館伊知郎さんの奥様から離婚を突きつけられたからという説です。

 

仮に、この説だとしたら、なぜ奥様が夫・古館伊知郎さんに離婚を突きつけたのかという疑問が出てきます。

 

古館伊知郎さんの奥様が、夫・古館伊知郎さんに離婚を突きつけたのは、嫌いになったからでしょうか。

 

実は、奥様は、夫・古館伊知郎さんのキャスターという仕事の大変さを、一番そばにいて、痛感していたことから、夫・古館伊知郎さんに『報道ステーション』のキャスターを辞めてほしかったのだそうです。

 

しかし、キャスターを辞めてほしいと迫っても、古館伊知郎さんは、まだまだやる気だったことから、最後の手段として、離婚届を突きつけたのだそうです。

 

これには、古館伊知郎さんも参ったらしく、『報道ステーション』のキャスターを辞めることを受け入れたそうです。

 

奥様は、古館伊知郎さんを愛しているんですね。

 

スポンサードリンク
 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

skyalliance.hatenablog.jp

 

 

実況で皆が知ってる名言は古舘伊知郎が言っていた!?

 

 

f:id:sinberu:20161212181225p:plain

出典:http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-952.html

 

古館伊知郎さんといえば、やはりプロレスの実況ではないでしょうか。

 

といっても、10~30代の方にはピンとこないでしょうか。

 

しかし、40代以上の世代にとっては、プロレスの実況といえば、古館伊知郎さんなんです。

 

まさに、古館伊知郎さんは、“実況の天才”です。

 

その古館伊知郎さんを報道番組のメインキャスターに据えたのは、やっぱり失敗だったのではないでしょうか。

 

古館伊知郎さんが、プロレス実況で、残した名言の中には、今では誰でも知っている、お馴染みのフレーズもあります。

 

その最たるものが、アントニオ猪木選手の「燃える闘魂」ですよね。

 

おそらく、「燃える闘魂」といえば?と質問すれば、誰でも「アントニオ猪木」と答えるんじゃないかと思います。

 

それと、私が印象に残っている名言は、アンドレ・ザ・ジャイアント選手を表した「人間山脈」「ひとり民族大移動」です。

 

古舘伊知郎さんは、プロレスの実況以外にもF1の実況をしていた時期があり、1994年のサンマリノグランプリでクラッシュして、亡くなったアイルトン・セナ選手を「音速の貴公子」と呼び、このフレーズも浸透しました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、古館伊知郎さんの

 

古舘伊知郎の番組降板は離婚が原因??

 

実況で皆が知ってる名言は古舘伊知郎が言っていた!?

 

についての話題をご紹介しました。

 

古館伊知郎さんが『報道ステーション』のメインキャスターを降板してから、半年が経過しようとしていますが、徐々に仕事を再開しているようです。

 

古館伊知郎さんが、どんな形で、自らの才能を披露してくれるのか、大変楽しみです。

 

古館伊知郎さんの今後更なるご活躍を期待しています。

 

スポンサードリンク