読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷらす1ネタ

あなたの普段の情報にプラス1ネタ!会社や学校などでの話のプラス1ネタを随時発信しています

紅の豚ポルコの声優役森山周一郎は過去に脳梗塞から復活したってホント!?

エンタメ

 

f:id:sinberu:20161109182634p:plain

森山周一郎さんといえば、1992年7月に公開されたスタジオジブリ製作のアニメ映画『紅の豚』の主人公・ポルコ・ロッソ役の声を演じたことで知られており、声優であり、俳優さんです。

 

ポルコ・ロッソの渋い声は、一度聞いたら、忘れられないほど良い声ですので、『紅の豚』を観たことがない方は、ぜひとも観てほしいと思います。

 

森山周一郎さんは、暴力団幹部などの悪役を演じるなど、俳優としても活躍しましたが、なんといっても、声優として、数多くの洋画の吹き替えで、大活躍しました。

 

かなり昔の話ですので、知らない方のほうが多いかもしれませんが、ジャン・ギャバン、チャールズ・ブロンソン、テリー・サバラス(『刑事コジャック』など)などの数多くの作品の吹き替えを担当しました。

 

このように森山周一郎さんの声は本当に素敵なのですが、2013年6月6日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際に、声にまつわる島倉千代子さんとのエピソードを語っています。

 

島倉千代子さんは、森山周一郎さんの声が大好きだったことから、「千代子、もう寝なさい」などと囁いた声を録音したカセットテープを贈ったことがあったそうです。

 

これが好評だったことから、そのテープを2000本限定で作り、配ったといいます。

 

すごいエピソードですよね。

 

森山周一郎(もりやましゅういちろう)さんは、本名を大塚博夫といい、1934年7月26日生まれの現在82歳で、愛知県名古屋市出身、身長173cm、体重76kg、血液型A型、オフィス森山所属の俳優、声優さんです。

 

この記事では、そんな森山周一郎さんについて、

 

森山周一郎は過去に脳梗塞になっていた!?

 

 

の話題をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

 

森山周一郎は過去に脳梗塞になっていた!?

 

 

f:id:sinberu:20161109181815p:plain

出典:http://ameblo.jp/moriyama-syuichiro/entry-12078165399.html

 

現在82歳の森山周一郎さんですが、今から17年前の1999年7月23日(当時64歳)の朝に、体に異変が生じたそうです。

 

その日は、自宅で、週刊誌の原稿を執筆していましたが、突然右手が動かせなくなってしまったのだそうです。

 

夫の異変にいち早く気づいた妻・敬子さんが、119番通報してくれて、救急車で病院へ救急搬送されました。

 

診断の結果は、軽い脳梗塞で、幸い後遺症などはなかったそうです。

 

森山周一郎さんを診断した医師によると、森山周一郎さんが脳梗塞になってしまった原因の1つに、食生活があると言われたそうです。

 

森山周一郎さんは、とにかく肉食中心で、魚や野菜はほとんど食べなかったといいます。

 

脳梗塞って、重い後遺症が残って、リハビリが大変というイメージがあるので、森山周一郎さんは、幸運だったのかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では

 

森山周一郎は過去に脳梗塞になっていた!?

 

についてまとめてみました。

 

森山周一郎は過去に脳梗塞になった事は事実でした。

 

ただ幸いにも軽い脳梗塞だった為、後遺症が残らなかったので本当によかったですね。

 

これからもお体に気をつけ、ご活躍を期待してます。

 

スポンサードリンク